カテゴリー:出演作品の記事一覧

ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報

ノーマン・リーダスの出演映画とプライベート情報をお届けします。

カテゴリー:出演作品

ノーマンの初出演作 ミミック/Mimic(1997年)

ノーマンの初出演作 ミミック/Mimic(1997年)

ノーマン・リーダス初出演作品 ミミック/Mimic(1997年)

 

ノーマン・リーダスの実質的な最初の出演作品で、ジェレミー役で出演しています。
 
超マイナーな役ですが、モデルをしていた若いころのノーマン・リーダスが見られますよ。
 
 
《あらすじ》
 

【致死の病ストリックラー病】

ゴキブリが媒介となって伝染する致死率の高い病が近未来のニューヨークで猛威を振るっていた。ストリックラー病と名付けられたその伝染病は多くの死者を出し、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は治療法を探るべく、ワクチンを製造しようとしたが効果は全くなく、死亡者は日々増加、仮に助かっても重い後遺症が残る重篤な伝染病になすすべがなかった。
 
CDCから依頼を受けた昆虫学者のスーザン(ミラ・ソルヴィノ)は、媒介となるゴキブリを殺すためにCDCのピーター(ジェレミー・ノーサム)と協力し、昆虫の遺伝子改造を行い、ゴキブリの天敵となる人の手が遺伝子に加わった昆虫を新たに生み出した。アリとカマキリの混合体からなる新種の昆虫は遺伝子操作によって繁殖能力を奪われ、数か月以内で死亡するようプログラムを組まれていた。
 
「ユダの血統」と名付けられたその昆虫は、スーザンやピーター、CDCによってニューヨーク中に放たれた。効果はすぐに上がり、ニューヨーク中のゴキブリは死滅したかに思えた。猛威を振るっていたストリックラー病も感染者が減少し、死者があふれていたニューヨークは徐々に平穏を取り戻した。
 
 

【怪奇事件発生】

3年後、スーザンはピーターと結婚し、何事もなく暮らしていた。そのころ、ニーヨークでは失踪した男性が地下で惨殺される事件が次々と起こり、ユーヨーク市警は対策を迫られていた。
 
唯一の目撃者は地下鉄の駅で靴磨きをして生計を立てる移民の祖父マニーと暮らすチューイという少年だった。
 
地下で拾ったという奇妙な幼虫を2人の少年から手に入れたスーザンはそれがかつて彼女が生み出した「ユダの血統」であることに気が付く。
 
繁殖能力がないはずの「ユダの血統」がスーザンの予想を超えてひそかにニーヨークの地下で繁殖を続けていた事実にスーザンは驚く。
 
 

【ユダを撃滅せよ】

ある日、チューイが姿を消し、彼の祖父はチューイを探しに地下の奥深くに行く。
 
一方、スーザンとピーターはニーヨーク市警とともにユダの生き残りがいるという地下に調査に赴くが、現場に遅れて到着したスーザンは孫を探していたマニーと偶然合流するが、ピーターとははぐれてしまう。
 
先に捜索していたピーターは地下で迷う間に、同行していた同僚が巨大化していたユダに襲われて命を落としていた。
 
人間に擬態することを進化のうちに学習していたユダはスーザンやピーターを襲い、マニーや同行していたニーヨーク市警の刑事も次々と命を落としてしまう。
 
スーザンはユダのオスのボスを倒し、ピーターは巣に合ったユダの卵を焼き払い、はぐれていた2人は外で合流した。
 
チューイも生き残っており、3人はしっかりと抱き合い互いの生存を喜び合った。
 
 

【参考】ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報
 

8mm/8MM (1999年)

8mm/8MM (1999年)

ノーマン・リーダス出演作 8mm/8MM (1999年)

 

ノーマン・リーダスがウォレン・アンダーソン役で出演している映画です。
 
「スナッフ・フィルム」の制作にまつわる犯罪事件を描いたニコラス・ケイジ主演、1999年公開のやや陰惨な異色サスペンス映画です。
 
「スナッフ・フィルム」とは殺人に性的興奮を覚える人のために、金に任せて家出少女などを拉致し、実際の殺人現場を録画して商業用に売り出す動画を言います。
 
当時は8mmフィルムが主流でしたので、タイトルが8mmとなりました。
 
 
《あらすじ》・・・・
 
【謎のビデオテープ】
私立探偵トム・ウェルズ(ニコラス・ケイジ)は大富豪の未亡人からある依頼を受けた。死んだ夫の貸金庫にあった古ぼけた8mmテープがどうやら若い女性の実際の殺人現場を収録したように見えるので真偽のほどを確かめてほしいというものだった。未亡人は死んだ夫の趣味について何も知らなかった。
 
 
【8mmテープの真実】
8mmのフィルムは相当ぼやけており、激しい手振れがあったが、どうやら本物の殺人を収録したようだった。事件を持て余したトムは、アダルトショップで働いている友人のマックス・カリフォルニア(ホアキン・フェニックス)の協力を仰ぎ、マックスともにこうした「スナッフ・フィルム」という殺人に、性的快楽を覚える人々の要望を取り扱う地下流通のポルノ市場を調査することになる。
調査を重ねるうちにやがてそのフィルムが本物の殺人を撮っており、しかも大富豪が1億円で自分の趣味のために依頼して作らせたものであることが判る。トムは未亡人にその事実を伝えるが、事実の重さに耐えきれなくなった未亡人は自殺してしまう。
 
 
【弔いの復讐】
やがてトムはフィルムの中で殺された少女がメリー・アン・マシューズ(ジェニー・パウエル)という実際に存在した少女であることを突き止め、同時に母親のジャネット(エイミー・モートン)が6年もの間、娘を探し続けていることを知る。母親に真実を告げたトムはあまりにも陰惨な事件に怒りに我を忘れ、フィルムの製作者を拉致し、殺害現場で何度も殴りつけて撲殺してしまう。正義感に燃えて代理復讐を果たしたトムは、さらにフィルムでマスクを被って顔を隠し、メアリー・アンに実際に手を下して殺した主演俳優がジョージという男であったことも突き止める。ジョージの住居に侵入し、乱闘の末、彼も殺してしまうトム。
 
 
【正義のはざまで】
正義感に燃えたとはいえ、数々の殺人を犯し、私的制裁を加えたトムは自らの犯した罪に悩む。そんなトムのもとにジャネットから手紙が来る。手紙には復讐を果たしてくれたことに対するジャネットからの感謝が述べられ、かわいそうな死んだメアリー・アンに真の思いやりを示したのはトムとジャネットだけだったと述べられていた。
 
 

【参考】ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報
 

ノーマンの代表作 処刑人(The Boondock Saints) 

ノーマンの代表作 処刑人(The Boondock Saints) 

ノーマンの代表的な映画作品

 

日本ではノーマン・リーダスはウォーキング・デッドで一躍有名になりましたが、ノーマンの代表作は1999年の処刑人(The Boondock Saints)ではないでしょうか?
 
場所は米国ボストン。米国東部のエスタブリッシュな街の裏路地でのお話です。
 
双子の兄弟のマーフィー役でノーマン・リーダス、コナー役でショーン・パトリック・フラナリーが登場します。
 
 
ノーマン扮するマーフィーとコナーのマクマナス双子兄弟、精肉店に勤めるサラリーマン。
 
聖パトリック祭でもあり、教会でお祈りを済ませてバーで一杯。
 
普通のサラリーマンに見えますが、この二人、ものすごく強いんです。
 
ロシア系マフィアがバーの買収しに来たのをやっつけてしまいます。
 

マフィアもこれで黙りはしません。翌朝、マクマナス兄弟の自宅を襲いますが、逆にやっつけられます。
 
 
マクマナス兄弟は捕まり、拘置所に入れられます。
 
ここで、マクマナス兄弟は「悪い奴らを処刑しろ」という神の啓示を受けました。
 
神が認めた処刑人というところでしょうか?
 
 
二人はマフィア相手であったこともあり、正当防衛が認められて、無事釈放。
 
ここから二人の処刑人としての歩みが始まります。
 
 

ロシアン・マフィアのボスが集まるホテルを襲撃し、9名のマフィアを射殺。
 

悪人を成敗する正義の処刑人の双子マクマナス兄弟。
 
悪がはびこる路地裏の街角で、悪人を次々に処刑していく姿は痛快です。
 

しかし、FBIの捜査官スメッカーは、プロファイリング能力を活用して連続殺人犯を追っていく。
 
そんな中、マクマナス兄弟の友人であるロッコが、この兄弟が悪者を処刑していく路地裏のヒーローだと偶然知り、仲間に入ります。
 

一方、マフィアは危機感を抱いて、殺し屋イル・ドゥーチェを差し向けるが、、、、
 
 
実は、イル・ドゥーチェはマクマナス兄弟の父親。
 
殺し屋の血は争えませんね。
 
 
最後に、マフィアが裁かれている法廷の場面。
 
17人もの殺害容疑でマフィアが裁かれていたが、証拠もなく無罪となる場面で、マクマナス兄弟と殺し屋イル・ドゥーチェが侵入し、聖書の言葉を唱えながら3人でバーン!
 

こう書くとシリアスなバイオレンスムービーに思われますが、途中で酔っ払って飼い猫をバーン。
 

など、コミカルなシーンもあり、見ていて飽きない映画です。
 
さすが ノーマン・リーダスの代表作と言われるだけありますね。
 
 
この映画を通して、ノーマン・リーダスの黒系のフッション、決まってますね!
 
 

【参考】ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報