カテゴリー:出演作品の記事一覧

ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報

ノーマン・リーダスの出演映画とプライベート情報をお届けします。

カテゴリー:出演作品

ウォーキング・デッドは外せない

ウォーキング・デッドは外せない

数多くある海外ドラマ、『ツインピークス』、『Xファイル』、『24』、『LOST』『プリズンブレイク』など、名作はたくさんあります。
 

そして、その名作に新たなに名を加えることになったのが、2010年に放映が開始された『ウォーキングデッド』ですね。
 
コミック漫画の原作を映像化されたものですが、放映開始時は、蘇った死者こと『ゾンビ』をネタにTVドラマが成り立つのであろうか、と不安視されましたが、「これがTV番組?」と思わず唸ってしまうほどのスケールの大きさは、TVドラマの概念を打ち破りました。
 
シリーズはすでに7シーズンまで続き、スピンオフまで製作されるほどの大人気ぶりです。
 
 
さて、その人気の理由はいったい何でしょう。
 
スケールの大きさはもちろん、リアルな特殊メイクなど大作映画を観ているような映像もありますが、登場人物たちの設定、人間関係がリアルで、観ている側の共感を生むのですね。
 
シーズンも増え、スピンオフまで製作されれば、登場人物も増え続け、複雑になっていきます。時には対ゾンビではなく、対人間など、ストーリーが進めば進むほど複雑に絡み合っていき、やがて、だれを応援すればいいのかジレンマに陥ります。
 
 
ad
 
キャストは主演にイギリス俳優のアンドリュー・リンカーン、正義を貫く保安官を演じます。
 
そして、その妻にサラ・ウェイン・キャリーズ。あれ?どこかで観た覚えがある?と思ったら、『プリズンブレイク』のヒロイン、サラを演じた女優さんでした。
 
ホラーが大の苦手で、ハロウィーンのコスプレも苦手なんてコメントを見たことありますが、生ゾンビを相手に、さぞ撮影には苦労したことでしょう。
 
 
nm
そして、ウマ浮きとでもいいましょうか、いい意味で浮いている登場人物がいます。
 
テレビ俳優と映画俳優という分類があるとすれば、この方は間違いなく映画俳優といえます。
 
テレビは画面の中央で演技をして、視聴者にポイントを見せますが、映画は大きな画面で端から端まで演者が演技を続けます。
 
そう、この方の演技は、自分がメインで映っていないときでも、確実にキャラを演じているのです。
 
まさに映画俳優なのです。その人は、映画『処刑人』シリーズ、『ブレイド2』などで人気を博したノーマン・リーダスです。
 
 
本作『ウォーキングデッド』では、荒くれ男メルルの弟ダリル役を演じています。
 
nmhg
 
こちらの役は、原作のコミックには登場せず、ドラマのみのキャラクターですが、メルル役のオーディションを受けにきたノーマン・リーダスのために新しく設定されたキャラクターなのです。
 
言い換えれば、ダリルはノーマンのための役なのですね。
 
ピッタリ過ぎるほどピッタリの役柄な訳です。ボーガンを肩に掛け、恐れることなくゾンビに向かっていく姿は、完全に他のキャラクターを喰っています。
 
そして、画面の端々で完全にダリルになり切っているのです。
 
やはり映画出身の俳優という貫禄が見て取れます。
 
長いシーズンの作品なので、見所はたくさんありますが、視点を変えて観てみると細かい演技、細かいシチュエーションなど唸ってしまうシーンがたくさんあります。
 
初めは、仲間の中でも非協力的な存在だったダリルだったのに、彼らと一緒に行動していくうちに、いつの間にか、仲間のために必死になっている姿は共感します。
 
12歳の少女がゾンビに追われ森の中で迷子になり、捜索するシーン、一人(?)のゾンビを倒し、少女の安否を確認するためにゾンビの腹を割くシーンは、初登場のときには想像もできません。
 
長いシリーズですが、まだ観ていない人はじっくりと、すでに観た人も視点を変えて観直すと面白いですよ。
 
 
【参考】ノーマン・リーダス参考情報

アメリカンギャングスター/American Gangster(2007年)

アメリカンギャングスター/American Gangster(2007年)

クライムサスペンスの大作映画 アメリカンギャングスター/American Gangster(2007年)

 

名匠リドリー・スコットを監督に迎え、いまや押しも押されもしないハリウッドスターになったデンゼル・ワシントンとラッセル・クロウのダブル主演で、2008年に日本で公開されたクライムサスペンスの大作映画です。
 
ノーマン・リーダスは死体安置所にいる無名の刑事の1人として出演していますが、ほとんど画面には写りません。
 
 
《あらすじ》・・・・・
 

【新人マフィアと新人麻薬捜査官】

舞台は1968年のニューヨーク。
一帯を仕切っていたマフィアのボス、バンビー・ジョンソンが急死し、長年運転手として仕えていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)はバンビーの遺族の力を借りて独立し、麻薬ビジネスに乗り出します。フランクは税関を通らずに済み、検査される心配もないベトナム帰還兵を送還するアメリカ軍のヘリに目をつけ、このヘリを使って麻薬をアメリカに流入させるルートを新たに開拓します。フランクの読みは当たり、低コスト低リスクで大量の麻薬を生産地から運べるこのルートはフランクに莫大な富と権力をもたらします。
 
一方、もう1人の主人公である警察官のリッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は、あるマフィアの組織の車から100万ドルを押収します。横領しようとする同僚たちの声を無視して、署に届けたリッチーは仲間たちからつまはじきにされます。当時のニューヨークでは汚職が蔓延り、リッチーのような正義感の強い警察官には居場所がありませんでした。しかしこの行為がもとでリッチーは麻薬取締局にスカウトされます。
 
 

【邂逅する2人】

リッチーが組織化した麻薬取締班は、ハーレムでフランクが大々的に売りさばく麻薬をターゲットにし、捜査を始めます。一方で腐敗した警察内部にいる特別麻薬捜査官のトルーポ(ジョシュ・ブローリン)は、こうした動きをビジネスになると察しフランクと接触、捜査の進展をフランクに漏らすことを条件に、賄賂を要求します。狡猾なフランクはリッチーの捜査の手をありとあらゆる手段を使って逃れますが、ベトナム戦争の終結とともに帰還兵のヘリの便は終了、フランクの生命線であった麻薬流入ルートは絶たれてしまいます。
 
 

【ベトナム戦争の終結】

なすすべも無くなったフランクをトルーポは見限ります。トルーポはフランクの自宅を家宅捜査し、フランクが麻薬密売で積み上げた財産を没収します。トルーポの裏切りに対して怒りに震えるフランクはリッチーに逮捕されると司法取引を持ち掛け、トルーポも破滅へ引きずり込みます。
 
 

【参考】ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報
 

マイ・ライフ・メモリー/SUNLIGHT JR(2013年)

マイ・ライフ・メモリー/SUNLIGHT JR(2013年)

ノーマンリーダス出演昨 マイ・ライフ・メモリー/SUNLIGHT JR(2013年)

 

『マイ・ライフ・メモリー』(2015年日本公開)は『ウォーキング・デッド』のダリル役で知られるノーマン・リーダスが出演する映画です。アメリカの貧困層の現実をカップルのドラマに絡めて描いたシリアスな問題作です。
2003年公開の『21グラム』で初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされたナオミ・ワッツがメリッサ役、2004年の『クラッシュ』では全米映画俳優組合賞を受賞したマット・ディロンがリッチー役でダブル主演しています。
 
著名ハリウッドスターに混じって、ノーマン・リーダスはメリッサ(ナオミ・ワッツ)が昔付き合っていた元恋人役としてストーリーの鍵となる重要な役を演じています。本映画におけるノーマン・リーダスの役はヤクの売人で口汚く粗野なDV男、かつてメリッサにも暴力を振るっていたという、どうしようもない男です。
 
 
《あらすじ》・・・・・
 

【希望のない日々】

メリッサは小さなコンビニで日々の仕事に追われる貧困層の女性。メリッサの育った家庭も貧困家庭であり、教育を受ける余裕もなく、メリッサもそこから抜け出せないでいた。典型的な低賃金の職場の給料は微々たるものでメリッサと恋人のリッチーは住む家もなくモーテルでその日暮らしをしていた。
リッチーはテレビの修理屋で働いていたが事故で下半身不随になり、車いすの生活に。働けなくなってしまっていた。毎月の政府からのわずかな給付金が命綱だが、自信を失い、自暴自棄になったリッチーはその給付金さえ飲み代にして飲んだくれる始末。2人とも希望のない日々を送っていた。
 
 

【メリッサの妊娠】

そんなある日メリッサが体調不良でコンビニを早退。検査してみるとリッチーの子供を妊娠していた。経済的に困難な状況にある2人だが、子供ができたことを単純に喜ぶ。しかしメリッサの周りにかつて恋人だったジャスティン(ノーマン・リーダス)が現れ、子供の誕生を前に経済的な不安を抱えるメリッサとリッチーの関係に影を落とし始める。
ジャスティンはクスリの売人。かつてメリッサに暴力をふるい、2人は別れていた。
 
 

【行き場のない結末】

生まれてくる子供のために仕事を増やしたいメリッサだが、コンビニ店にも解雇され、行き場がなくなる。かつての恋人のジャスティンに借金をしようにも断られ、メリッサは仕方なく、堕胎を決める。堕胎手術を終え、モーテルに戻ったメリッサをリッチーが待っていた。2人は互いに抱きしめあい、なぐさめあうことしかできなかった。
 
 

【参考】ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報
 

ノーマンの初主演作 ハード・デイズ/Six Ways to Sunday (1998年)

ノーマンの初主演作 ハード・デイズ/Six Ways to Sunday (1998年)

ノーマン・リーダス初主演作 ハード・デイズ/Six Ways to Sunday (1998年)

 

アメリカ1997年公開、日本未公開の作品です。
ノーマン・リーダスの初主演映画作品です。
 

1人の精神的に幼い青年が成長して成熟した男になるまでを描いた映画。
 
ストーリー運びはシリアスながら、男性の性願望についてどこかややブラック・コメディに近い取り扱いがみられる映画です。ノーマン・リーダスはこの作品で複雑な葛藤を抱えるマザコンの美青年という難しい役を演じています。
 
 
《あらすじ》・・・・・
 

【親子2人で暮らすハリー】

母親のケイト(デボラ・アン・ハリー)と古いアパートで暮らすハリー(ノーマン・リーダス)はバーガーショップで働く純真無垢な18歳の青年。母親のケイトはずいぶん昔に夫に逃げられ、その代償としてハリーをまるで小さな子供のように扱い溺愛していた。ハリーが忙しくしている時でも何かと関心を引きたがり、18歳になった息子の入浴まで手伝う異常な世話焼きぶり。
 
 

【凶暴なハリーの一面が現れる】

ある日ハリーはギャングのメンバーである友人のアーニー(エイドリアン・ブロディ)の借金の取り立てに付き合う。アーニーは粗暴な男で借金を抱えた男を殴りつけるが、アーニーの暴力を見ていたハリーは異常に興奮し、自分も加わってその男に暴力をふるってしまう。
 
いったん切れたら凶暴な振る舞いをするところがボスに気にいられたハリーはやがて仕事を次々と依頼されるようになり、ギャングの世界で出世していく。
 
しかし母親のケイトとの関係は相変わらずだった。ボスに気に入られたハリーは娼館に連れて行かれるが母親の影響もあり、うぶなままで結局は何もできずに終わる。
 
 

【謎の男】

そのころハリーには謎の男が付きまとっていた。
 
やがてひょんなことからボスの上司で一帯を仕切るギャングの幹部の知己のあるハリー。
 
幹部の自宅でメイドをしていたエリナ(エリナ・レーヴェンソン)と付き合うことになったが、自宅にエリナを連れて帰ってもハリーが席を外したすきに息子を溺愛するケイトはエリナを追い払ってしまうのだった。
 
そのころハリーを見出したボスが邪魔になった幹部はそのボスを始末するようにハリーに命じる。
 
最初はためらうハリーだったが結局はボスを殺してしまう。
 
 

【最後の関門】

殺人を犯したハリーは、謎の男とともにエリナを迎えに行くが、彼女は留守だった。
 
やむをえなく自宅に戻ったハリーはそこで母親のケイトに誘惑されて犯してしまう。
 
そのまま意識を失い、翌日ハリーは死んだ母親を自宅で発見することになる。
 
殺人を犯したハリーと幹部は町を出ようとするが母親の死体を抱えるハリーが足手まといになり、幹部はハリーを殺そうとするが逆に謎の男とハリーに殺されてしまう。
 
凶暴で荒々しいもう1人のハリーの分身である謎の男は従順で弱いハリーと統合され、ハリーはそのままエリナとバス停で合流し、エンディングを迎える。
 
 

【参考】ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報