eigafandesuが投稿した記事一覧

ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報

ノーマン・リーダスの出演映画とプライベート情報をお届けします。

投稿者:eigafandesu

ウォーキング・デッドは外せない

ウォーキング・デッドは外せない

数多くある海外ドラマ、『ツインピークス』、『Xファイル』、『24』、『LOST』『プリズンブレイク』など、名作はたくさんあります。
 

そして、その名作に新たなに名を加えることになったのが、2010年に放映が開始された『ウォーキングデッド』ですね。
 
コミック漫画の原作を映像化されたものですが、放映開始時は、蘇った死者こと『ゾンビ』をネタにTVドラマが成り立つのであろうか、と不安視されましたが、「これがTV番組?」と思わず唸ってしまうほどのスケールの大きさは、TVドラマの概念を打ち破りました。
 
シリーズはすでに7シーズンまで続き、スピンオフまで製作されるほどの大人気ぶりです。
 
 
さて、その人気の理由はいったい何でしょう。
 
スケールの大きさはもちろん、リアルな特殊メイクなど大作映画を観ているような映像もありますが、登場人物たちの設定、人間関係がリアルで、観ている側の共感を生むのですね。
 
シーズンも増え、スピンオフまで製作されれば、登場人物も増え続け、複雑になっていきます。時には対ゾンビではなく、対人間など、ストーリーが進めば進むほど複雑に絡み合っていき、やがて、だれを応援すればいいのかジレンマに陥ります。
 
 
ad
 
キャストは主演にイギリス俳優のアンドリュー・リンカーン、正義を貫く保安官を演じます。
 
そして、その妻にサラ・ウェイン・キャリーズ。あれ?どこかで観た覚えがある?と思ったら、『プリズンブレイク』のヒロイン、サラを演じた女優さんでした。
 
ホラーが大の苦手で、ハロウィーンのコスプレも苦手なんてコメントを見たことありますが、生ゾンビを相手に、さぞ撮影には苦労したことでしょう。
 
 
nm
そして、ウマ浮きとでもいいましょうか、いい意味で浮いている登場人物がいます。
 
テレビ俳優と映画俳優という分類があるとすれば、この方は間違いなく映画俳優といえます。
 
テレビは画面の中央で演技をして、視聴者にポイントを見せますが、映画は大きな画面で端から端まで演者が演技を続けます。
 
そう、この方の演技は、自分がメインで映っていないときでも、確実にキャラを演じているのです。
 
まさに映画俳優なのです。その人は、映画『処刑人』シリーズ、『ブレイド2』などで人気を博したノーマン・リーダスです。
 
 
本作『ウォーキングデッド』では、荒くれ男メルルの弟ダリル役を演じています。
 
nmhg
 
こちらの役は、原作のコミックには登場せず、ドラマのみのキャラクターですが、メルル役のオーディションを受けにきたノーマン・リーダスのために新しく設定されたキャラクターなのです。
 
言い換えれば、ダリルはノーマンのための役なのですね。
 
ピッタリ過ぎるほどピッタリの役柄な訳です。ボーガンを肩に掛け、恐れることなくゾンビに向かっていく姿は、完全に他のキャラクターを喰っています。
 
そして、画面の端々で完全にダリルになり切っているのです。
 
やはり映画出身の俳優という貫禄が見て取れます。
 
長いシーズンの作品なので、見所はたくさんありますが、視点を変えて観てみると細かい演技、細かいシチュエーションなど唸ってしまうシーンがたくさんあります。
 
初めは、仲間の中でも非協力的な存在だったダリルだったのに、彼らと一緒に行動していくうちに、いつの間にか、仲間のために必死になっている姿は共感します。
 
12歳の少女がゾンビに追われ森の中で迷子になり、捜索するシーン、一人(?)のゾンビを倒し、少女の安否を確認するためにゾンビの腹を割くシーンは、初登場のときには想像もできません。
 
長いシリーズですが、まだ観ていない人はじっくりと、すでに観た人も視点を変えて観直すと面白いですよ。
 
 
【参考】ノーマン・リーダス参考情報

ノーマン・リーダスは日本好き|佐田真由美さんとは?

ノーマン・リーダスは日本好き|佐田真由美さんとは?

日本に住んだこともあるノーマン

 
ノーマン・リーダスが学生の時に母親が日本にいた関係で千葉の本大久保(千葉県習志野市本大久保)に住んでいました。
 
東京の郊外だったこともあり、餅つきなどの日本の伝統にも触れたとか。
 
日本の印象は、東京にもよく遊びに行って、楽しかったとのこと。日本人は礼儀正しいし、街もきれいだし、若い人はファツションや音楽に意欲的でアグレッシブとのこと。
 
好きな日本食は ウナギ、すき焼き、米国でもよく食べているそうです。
 

そんな関係もあってか、日本好きですね。「第二の故郷」とのことです。
 
2011年の東日本大震災では、Twitterで日本を気遣うコメントをしてくれてますね。
 

そんなノーマンが日本に来日すると、ファンの女性たちが放っておかないですよね。
 
 

日本には仲の良い女性がいる?

sada
 

佐田真由美(Sada Mayumi)さんという日本人のモデルさん。
 
ファミリーディナーにノーマンが来たて、ブログにアップしてたので、相当な関係ですね。
 
結婚されていて、ブログで公開しているので、親密な関係ではないと思いますが、羨ましい♪
 
 

佐田真由美さんはどんな方かというと
 

  • 1977年8月23日 東京生まれ
  •  

  • 愛称は「まゆみん」
  •  

  • 3歳からモデルの仕事を始めています。
  •  

  • 1998年には有名ファツション誌ViViの専属モデルになっています。
  •  

  • 2001年に「pray/discovery」で歌手もしました。
  •  

  • 2003年に映画『天使の牙B.T.A.』のはつみ役で女優デビューしています。
     
  • 2015年 女性フッション誌 Marisol 8月号では、カバーガールになっています。
  •  

  • NHKでもキャスターを務めるなど活躍されています。
  •  
     

    また、EXILEのHIROさんとも付き合っていたと言われています。
     
    avexに所属していましたが、HIROさんが独立するときに、佐田真由美さんも連れて行ったそうです。
     
    結局、HIROさんとはダメになり、クリエーターの野村訓市と結婚。
     
    現在ではお二人の女の子のお母さんになられています。
     
    そして、その美貌は健在で、花王のエッセンシャルなどのCMでも活躍しています。
     
     
    ちなみに、ノーマンのInstagramでは、佐田真由美さんはノーマンにフォローされていないようですね。
     
    フォローされている有名人は
     
    ドリュー・バリモアさん、エミリー・ラタコウスキーさん、ミンディ・カリングさん、エイミー・シューマーさん、ジェシカ・アルバさん、ジェナ・ディーワンさん
     
    などでした。
     
     
    【参考】ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報

    カール・グライムズ役チャンドラー・リッグスてとてもキュート♪

    カール・グライムズ役チャンドラー・リッグスてとてもキュート♪

    キュートなチャンドラー・リッグス(Chandler Riggs)君

     

    『ウォーキング・デッド』のカール・グライムズ役で人気者になったチャンドラー・リッグス(Chandler Riggs)君。
     
    ノーマン・リーダスの息子 ミンガス・ルシアン・リーダス君と並んで、美男子ですね。
     
    チャンドラー・リッグス君派とミンガス君派に分かれての議論が起こりそうですね♪
     

    チャンドラー・リッグス(Chandler Riggs)君の生い立ち

    米国のコカコーラ本社でも有名なアトランタ州のジョージア生まれです。
     
    お誕生日は1999年6月27日。
     
    俳優・女優の両親のもとで育ち、幼いころから映画・演劇に親しんだ環境にそだちました。

     
    チャンドラー・リッグス(Chandler Riggs)は子役として活動し、7歳で「Jesus H. Zombie」のゾンビ役の1人としてでています。
     
    「オズの魔法使い」の小人の”マンチキン”役で舞台に立ったのは9歳の時でした。
     
    他には、1930年代のテネシー州の森に隠遁する1人の男が生前葬をする話を描いたポーランド映画『Get Low』(日本未公開)に出演したときは10歳でした。
     
     

    日本で人気になるきっかけは、米国『ウォーキング・デッド』のカール・グライムズ役ですね。
     

    『ウォーキング・デッド』は、ゾンビ映画で、大人でさえ生き抜くのが難しい状況で、仲間とともに戦い、生き抜く役を演じました。
     
    2012年と2013年にヤング・アーティスト賞の主演男優賞にノミネートされましたが、インタビューで、演じるのは難しくなかったと答えています。
     
    将来が楽しみですね。
     
    チャンドラー・リッグス君が目標とする俳優は、ダリル役で人気のノーマン・リーダスかと思えば、リック役のアンドリュー・リンカーンとのことです。
     
    Instagramでも、アンドリューと一緒の写真が公開されてましたね。
     

    アンドリュー・リンカーンは、俳優の教育も受けており、目標にするには素晴らしいと思います。
     

    でも、ノーマン・リーダス ファンとしては、チャンドラー・リッグス君にノーマンを目標とすると言ってほしかったなぁと思いますよね。
     

    チャンドラー・リッグス君の最近の出演映画

     

    さて、チャンドラー・リッグス君は、「Terminus(2015年)」、2016年12月公開予定映画の「Keep Watching」に出演しています。
     
    『ウォーキング・デッド』であれだけ出演して、他の映画にも出るとはさすが俳優の家系だけありますね。
     
    「Keep Watching」では、青年に成長したチャンドラー・リッグス君を見ることができるでしょう。
     
    チャンドラー・リッグス君の幼いころは、移動の多い仕事のため自宅学習を受けていたそうです。
     
    高校生になった現在の姿が確認できます。
    cr
     
    チャンドラー・リッグス君、ますますナイス ガイになってますね。
     
     

    アメリカンギャングスター/American Gangster(2007年)

    アメリカンギャングスター/American Gangster(2007年)

    クライムサスペンスの大作映画 アメリカンギャングスター/American Gangster(2007年)

     

    名匠リドリー・スコットを監督に迎え、いまや押しも押されもしないハリウッドスターになったデンゼル・ワシントンとラッセル・クロウのダブル主演で、2008年に日本で公開されたクライムサスペンスの大作映画です。
     
    ノーマン・リーダスは死体安置所にいる無名の刑事の1人として出演していますが、ほとんど画面には写りません。
     
     
    《あらすじ》・・・・・
     

    【新人マフィアと新人麻薬捜査官】

    舞台は1968年のニューヨーク。
    一帯を仕切っていたマフィアのボス、バンビー・ジョンソンが急死し、長年運転手として仕えていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)はバンビーの遺族の力を借りて独立し、麻薬ビジネスに乗り出します。フランクは税関を通らずに済み、検査される心配もないベトナム帰還兵を送還するアメリカ軍のヘリに目をつけ、このヘリを使って麻薬をアメリカに流入させるルートを新たに開拓します。フランクの読みは当たり、低コスト低リスクで大量の麻薬を生産地から運べるこのルートはフランクに莫大な富と権力をもたらします。
     
    一方、もう1人の主人公である警察官のリッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は、あるマフィアの組織の車から100万ドルを押収します。横領しようとする同僚たちの声を無視して、署に届けたリッチーは仲間たちからつまはじきにされます。当時のニューヨークでは汚職が蔓延り、リッチーのような正義感の強い警察官には居場所がありませんでした。しかしこの行為がもとでリッチーは麻薬取締局にスカウトされます。
     
     

    【邂逅する2人】

    リッチーが組織化した麻薬取締班は、ハーレムでフランクが大々的に売りさばく麻薬をターゲットにし、捜査を始めます。一方で腐敗した警察内部にいる特別麻薬捜査官のトルーポ(ジョシュ・ブローリン)は、こうした動きをビジネスになると察しフランクと接触、捜査の進展をフランクに漏らすことを条件に、賄賂を要求します。狡猾なフランクはリッチーの捜査の手をありとあらゆる手段を使って逃れますが、ベトナム戦争の終結とともに帰還兵のヘリの便は終了、フランクの生命線であった麻薬流入ルートは絶たれてしまいます。
     
     

    【ベトナム戦争の終結】

    なすすべも無くなったフランクをトルーポは見限ります。トルーポはフランクの自宅を家宅捜査し、フランクが麻薬密売で積み上げた財産を没収します。トルーポの裏切りに対して怒りに震えるフランクはリッチーに逮捕されると司法取引を持ち掛け、トルーポも破滅へ引きずり込みます。
     
     

    【参考】ノーマン・リーダス 出演映画とプライベート情報