カール・グライムズ役チャンドラー・リッグスてとてもキュート♪

キュートなチャンドラー・リッグス(Chandler Riggs)君

 

『ウォーキング・デッド』のカール・グライムズ役で人気者になったチャンドラー・リッグス(Chandler Riggs)君。
 
ノーマン・リーダスの息子 ミンガス・ルシアン・リーダス君と並んで、美男子ですね。
 
チャンドラー・リッグス君派とミンガス君派に分かれての議論が起こりそうですね♪
 

チャンドラー・リッグス(Chandler Riggs)君の生い立ち

米国のコカコーラ本社でも有名なアトランタ州のジョージア生まれです。
 
お誕生日は1999年6月27日。
 
俳優・女優の両親のもとで育ち、幼いころから映画・演劇に親しんだ環境にそだちました。

 
チャンドラー・リッグス(Chandler Riggs)は子役として活動し、7歳で「Jesus H. Zombie」のゾンビ役の1人としてでています。
 
「オズの魔法使い」の小人の”マンチキン”役で舞台に立ったのは9歳の時でした。
 
他には、1930年代のテネシー州の森に隠遁する1人の男が生前葬をする話を描いたポーランド映画『Get Low』(日本未公開)に出演したときは10歳でした。
 
 

日本で人気になるきっかけは、米国『ウォーキング・デッド』のカール・グライムズ役ですね。
 

『ウォーキング・デッド』は、ゾンビ映画で、大人でさえ生き抜くのが難しい状況で、仲間とともに戦い、生き抜く役を演じました。
 
2012年と2013年にヤング・アーティスト賞の主演男優賞にノミネートされましたが、インタビューで、演じるのは難しくなかったと答えています。
 
将来が楽しみですね。
 
チャンドラー・リッグス君が目標とする俳優は、ダリル役で人気のノーマン・リーダスかと思えば、リック役のアンドリュー・リンカーンとのことです。
 
Instagramでも、アンドリューと一緒の写真が公開されてましたね。
 

アンドリュー・リンカーンは、俳優の教育も受けており、目標にするには素晴らしいと思います。
 

でも、ノーマン・リーダス ファンとしては、チャンドラー・リッグス君にノーマンを目標とすると言ってほしかったなぁと思いますよね。
 

チャンドラー・リッグス君の最近の出演映画

 

さて、チャンドラー・リッグス君は、「Terminus(2015年)」、2016年12月公開予定映画の「Keep Watching」に出演しています。
 
『ウォーキング・デッド』であれだけ出演して、他の映画にも出るとはさすが俳優の家系だけありますね。
 
「Keep Watching」では、青年に成長したチャンドラー・リッグス君を見ることができるでしょう。
 
チャンドラー・リッグス君の幼いころは、移動の多い仕事のため自宅学習を受けていたそうです。
 
高校生になった現在の姿が確認できます。
cr
 
チャンドラー・リッグス君、ますますナイス ガイになってますね。